杏仁オイルのイボケアについて解説をしています。首や顔にできる老人性イボをケアする為の化粧品や薬をはじめ、薬局やドラッグストアでも販売しているのか?また、杏仁オイルの口コミも掲載しています。ヨクイニンと杏エキスで美肌へ

杏仁オイルの教室は顔や首のイボケア特化サイト

杏仁オイルの教室では首や顔にできるイボについて解説をしているサイトとなります。

イボといっても大きく分けるとウイルス性イボと老人性イボがあります。ウイルス性イボに関してはウイルスが感染することによって発症する為、不清潔になりやすい足などにできることが多いです。

見た目としては黒い芯が皮膚の中に見え、こういったイボであれば杏仁オイルは効果がなく、このサイトでは解説をしていません。

ただ、もしもあなたが悩んでいるイボが顔や首にできているのであれば、きっと参考になるはずです。

首や顔にできることが多いのが老人性イボと呼ばれるもので、大きさにもよってスキンタッグ・アクロコルドン・脂漏性角化症と異なります。

原因としては紫外線や肌のケアができていない為に、角質が皮膚に付着したままとなり、固まってしまう症状となります。1個だけと思っていたものの、数が増殖して大量に発症してしまう人も多いです。

老人性イボを自宅でケアしたいのであれば、ヨクイニンや杏仁エキスが配合された化粧品や化粧水を使ってスキンケアをするのが大事となります。

老人性イボにおすすめの成分は杏仁エキスとヨクイニン

杏仁オイルの写真

このサイトをご覧になってる方で杏仁オイルを探しているのであれば、老人性イボのケアがしたい人なはずです。それであれば、忘れてはいけないのがヨクイニンと呼ばれる成分です。

イボに効果的な成分として有名なのであれば、「ヨクイニン」と「杏仁エキス」の2つなのですね。

ハト麦茶を飲むとイボに良いって話がありますが、それはヨクイニンが含まれているためです。ヨクイニンとはハトムギより抽出がされる成分で保水力が高く角質を柔らかくする為、イボケア化粧品に配合がされている代表的な成分です。

イボ用の薬の成分のほとんどがヨクイニンが配合されていたりもし、それだけ重要視されている成分だと言うのは想像することが簡単にできます。

特にヨクイニンはイボ用の薬に含まれていておすすめ

ヨクイニンを持った手

杏仁エキスも様々なイボ用化粧品に配合されているので、有効であるのは想像できますが、薬に配合されていることはあまりありません。

しかし、ヨクイニンに関しては顔や首にできやすい老人性イボ用の薬であれば、まず含まれているであろう成分です。

有名な薬であればヨクイニン錠・ヨクイニンエキスコタロー・イボコロリ内服錠などがあります。これらの成分のほとんどはヨクイニンとなっています。

その為、オイルタイプの化粧品が絶対に良いってこだわりがある人であれば杏仁オイルを選ぶのはいいかと思います。しかし、あくまでイボのケアがしたいって人であればヨクイニンと杏仁エキスの両方が配合された化粧品を使うのがおすすめとなります。

杏仁オイルとなるとヨクイニンが配合されていないものも多いですが、イボ用の化粧品であればヨクイニンと杏仁エキスの両方配合されているものも多いです。口コミでの評判も良く効き目があったと人気のであれば、50万個以上が販売されるほど利用者が多かったりもします。

ニキビケアでもシミのケアでも同じですが、肌のケアをしたいのであれば何となく化粧品を選ぶと失敗することも多いです。その症状にはどんな化粧品を使うのか良いのかを選択することも非常に重要なこととなります。

首や顔のイボ対策で杏仁オイルを使う!そんな人はヨクイニンエキス配合のクリームを使う

首イボ用のヨクイニン入りクリーム

首イボや顔イボの対策として杏仁オイルを使うのもひとつの手ではあります。しかし、どちらかと言えばおすすめはヨクイニンエキスも一緒に配合されているのを利用した方が良いでしょう。

首イボ用の化粧品としても両方の成分が含まれていることが多いですし、市販の薬でもヨクイニンエキスが含まれていないのはないと言っても過言ではない状況です。

そのため、両方の成分が含まれてイボ用のクリームを使ってケアをするようにしましょう。

下記サイトの用な実際に使用をしたサイトを参考に選ぶと良いかと思います。首や顔にできるイボを老人性イボと呼ぶのですが、様々な取る為の化粧品が販売されています。

参考サイト:顔や首の老人性イボを自宅で治療する方法や薬

杏仁オイルは薬局やドラッグストアでも販売している?

ドラッグストアの薬剤師

杏仁オイルでイボケアをしたい人の多くは病院ではなく、自宅でどうにかしたい人が多いです。

そのため、まず最初に思い浮かべるのが薬局やドラッグストアなどで販売されている薬や化粧品です。薬局では販売をしていないものの大きなドラッグストアであれば、杏仁エキスが配合された化粧品の販売はされていることもあります。

ただ、お店にもよって販売されている種類は異なり、イボ用として開発がされた杏仁オイルを見つけることはほとんどできないはずです。あくまで化粧品の中に杏仁エキスが配合されているものを見つけることができる程度となるのがほとんどです。

ただ、杏は使われていないものの、老人性イボ用の薬であるヨクイニンが配合された薬に関しては、大きなドラッグストアへ行けば取り扱いをしている店舗も多いです。

人気な薬だと「イボコロリ」で錠剤タイプとなっています。約10日分量である160粒が内容量となっており、価格は多少割引がされた2000円程度で購入することができるはずです。そのため、1ヶ月の量としては3箱の6000円程度となります。

おすすめはヨクイニンまたは杏仁エキスと両方配合のオイル

ウイルス性イボの治療をしたいのであれば、間違いなく薬や市販薬を使うのがおすすめです。

しかし、老人性イボのケアをしたいのであれば、杏仁オイルに限定をするのではなく、ヨクイニンと杏仁エキスの両方が配合されたイボケア用の化粧品がおすすめとなります。

両方の成分が配合されているからといって化粧品の値段が変わる訳ではありません。
似たような成分の化粧品でも値段が3倍以上違うようなものもあったりしますからね。

そのため、どうせイボケアをするのであれば薬や市販薬などにも配合されていることの多いヨクイニンと杏仁エキスの両方が含まれているものを使って、自宅でケアをするのがおすすめとなります。

副作用を気にしない人であればイボ用の市販薬

副作用もあるのですが、市販薬に関しても薬局やドラッグストアでの販売がされています。

老人性イボは取るのではなく、原因と肌の改善がとても重要となってきます。それができていなければ再発をしたり、数が増えたりをしてしまうので、取ったからと安心をできる訳ではないのですね。

そのため、市販薬での利用となると副作用の可能性が飲み続けている限り生じることがあります。いろいろと心配になってしまったりしまいますよね。

その点を考えるとまずはイボ取りクリームでケアをする。
それでも症状がひどかったり効果を実感できないようであれば、市販薬を使うのがおすすめではあります。

ただ、中には副作用なんて気にしないからまずは治したいって人もいるかと思います。そういった人であれば最初からドラッグストアで販売されているイボ用の薬を使った治療がおすすめとなります。

ピックアップ記事

  1. イボをハサミで切る写真
    スキンタッグやアクロコルドンと呼ばれる首や顔の老人性イボの手術のひとつで、ハサミやメスを使って切…
  2. ドラッグストアの薬剤師
    首や脇にできるイボに効く成分としてあるのが杏仁オイルです。厳密にいえば杏仁エキスやあんずエキ…
  3. イボといっても種類は数百種あり、多種多様なものとなっています。特に多くの人が発症をして気にな…

カテゴリー

PAGE TOP