イボをハサミで切る写真

イボを自分で切るメリットとデメリット!杏仁オイルで自宅ケアとの違い

スキンタッグやアクロコルドンと呼ばれる首や顔の老人性イボの手術のひとつで、ハサミやメスを使って切り取ってしまう方法があります。

そのため、自分で切ってしまおうと考えたことがある人は非常に多いです。
実際に私もそうでしたが、もしかしてあなたも私と同じかも知れませんね。

ここでは自宅や皮膚科で切るメリットとデメリットについて紹介しています。また自分で切る行為を行って深刻な副作用が生じないかについても触れています。

そして、最後に杏仁オイルやヨクイニンエキスを使った自宅ケアとの違いを解説しています。

スキンタッグとも呼ばれる老人性イボの除去方法のひとつとしてハサミやメスを使い切る手術があります。
病院の皮膚科で行っている手術方法のひとつとなるのですが、メリットとデメリットについて紹介していきます。

老人性イボを切るメリットは安い!治療期間も短く即効性がある

イボが取れた女性

スキンタッグを自宅や病院で切るメリットとしてあげられるのが即効性です。その場で切り取ってしまいます。そのため、首や顔の老人性イボを限りなく即効性のある取り方と言えます。

  • 費用が安い
  • 施術時間もかからない
  • 通院が必要ない

メリットとしては切り取ってしまうだけで良いので、時間があまりかかりません。初診で切る手術を行うのが決定したのであれば、また別の日に手術を行うのが一般的です。

基本的には一度の手術で終わることが多いです。ただ、スキンタッグの数が多い場合に関しては2回、3回に分けて行っている病院がほとんどです。だいたい1日に除去する目安としては10個ぐらいの医者が多いです。

切除してしまえば何度も通院する必要はないので、手術が終われば完了となります。

老人性イボを切るデメリットは3つ!痛み・再発・跡の3つの副作用がある

ハサミで切った副作用で落ち込む男性

最大のデメリットとして考えられるのが痛みです。
そして、跡が残ってしまう点です。

老人性イボの数がひとつであれば跡もあまり目立たないかも知れません。しかし、多くの人は20個や50個など大量のスキンタッグやアクロコルドンに悩まされます。そのため、せっかく取ったのにぶつぶつと跡が残ることもあります。

  • 傷跡が残る
  • 痛みがある
  • 再発の可能性が高い

デメリットとしては治癒をして治療をする訳ではないので傷跡として残ることもあります。また、痛いと感じることも当然の事ながらあります。そのため、あまり行いたがらない人が多いです。

根本的に治療をしているのではなく強引に切り取ってしまう手術方法となるので、原因を解決できている訳ではありません。そのため、再発が非常にしやすく、数ヶ月後にまた病院で手術を行う人も多いです。

切る手術で行われるスキンタッグはアクロコルドンやスキンタッグなどと呼ばれる比較的サイズが小さいイボとなります。軟性線維腫のような1cm以上のサイズの手術としては行われないことがほとんどです。

老人性を自分で切るのは良い?自宅でハサミで切り取る方法について

自宅の写真

病院へ行ったとしても医者にハサミで切り取って貰うだけなので、自宅で自分で切るなんてことを考える人も多いです。
結論から言うと、これは止めた方が良いです。

素人が下手に行うと激痛に耐えなければいけないことになったり、傷跡として残ることも多いです。
どの程度の根元まで切ればいいのかが分からないですし、鏡を見ながらとなるので上手く行うことができないのですね。

友人や家族にお願いするのも絶対に止めた方が良いです。

他人だと痛みがどの程度あるのかを分からずに調整しながらゆっくり行うなんてこともできません。
そのため、スパッと切り取るしかないので痛いと感じることになるでしょう。

スキンタッグの除去を自宅で行いたいのであれば、ヨクイニンが配合されている専用の化粧品を利用した方が良いです。
痛みも無ければ毎日塗っていれば自然と落ちてくれますし、根本的な肌のコンディションを整えることで再発を防ぐ役割も行ってくれます。

デメリットは切除に比べれば少し時間がかかる程度でメリットの多い方法となるので、多くの人が利用をしています。

杏仁オイルで自宅ケアとハサミで切る取り方の違い

杏仁オイルでイボが取れた女性

杏仁オイルやヨクイニンエキスを使った自宅でのケアとの違いとしては、何の改善もしていないことがあげられます。

ハサミでイボを切ることはできます。しかし、原因となる肌の衰えを改善することはできません。そのため、イボが取れたとしてもまた再発をしてしまうことがあります。

それも肌への負担から肌力を低下させ、小さいイボや大きいイボが前以上に増えてしまうこともあります。

自宅ケアの根本的な考え方は原因の解消をしながらイボを取りやすい状態に導くことです。肌の働きの低下によって、イボができてしまっているので、その部分を改善するのですね。

そのため、ターンオーバーの働きによってイボを取ることができます。

痛みに関しては全くなく、跡が残ることもありません。そのため、多くの人が杏仁オイルやヨクイニンエキスを使って自宅ケアをしているのですね。

>>>杏仁オイルで首や顔のイボを自宅でケアへ進む

ピックアップ記事

  1. イボをハサミで切る写真
    スキンタッグやアクロコルドンと呼ばれる首や顔の老人性イボの手術のひとつで、ハサミやメスを使って切…
  2. ドラッグストアの薬剤師
    首や脇にできるイボに効く成分としてあるのが杏仁オイルです。厳密にいえば杏仁エキスやあんずエキ…
  3. イボといっても種類は数百種あり、多種多様なものとなっています。特に多くの人が発症をして気にな…

カテゴリー

PAGE TOP